Person 04

MANAGER / MEDIA DIV.

Hideki Irie

経験は発見と
気付きの連続
個人・チームで
進化していく楽しさ

Hideki Irie

MANAGER / MEDIA DIV.

入江 秀樹さん(41)
埼玉越谷支局長
2005年3月入社。埼玉越谷支局長として、自身も営業を行いながらインサイドセールスの立ち上げや、採用活動、媒体のリブランディングプロジェクトのリーダーとして活躍するマルチプレイヤー。趣味のアウトドアでは春・秋に楽しむキャンプが特に好き。エスニック系のインテリア収集が好きで、居心地のよい空間づくりにこだわりがある。

今でも記憶に残っている「食べ放題特集」
16年目に振り返る、入社のきっかけ

入社したのは25歳の時。フリーペーパー「ARIFT」との出会いは、自宅に届くぱどを母が読んでいる姿を日常的に見ていて、というのが最初だったと記憶しています。読み応えがあって、当時掲載されていた「食べ放題特集」は今でも覚えていますね。逆に家に届いていなかったら、今ここにいなかったかもしれません(笑)。そこから「サクセスホルダーズ」という会社に興味が湧いて。広告の企画提案を通じて多種多様な業界を知ることができる、人脈が広がるというところに惹かれて、今に至ります。入社から16年経つ今も、毎日が新鮮で楽しいと感じていますよ。

柔軟な発想と視点で進化していくチャンス
色々な経験を経て見えてきたこと

入社後はソリューション型のテリトリープランナーとして9年、広告の企画提案の経験を積み、埼玉越谷支局のマネージャーとして8名のチームのマネージメント、その後越谷支局の支局長として30名のスタッフと共に媒体を作ってきました。現在は支局長として営業も行いながら、インサイドセールスの立ち上げ、採用担当、媒体のリブランドプロジェクトのリーダーとして多面的に業務に携わっています。
時代の流れと共に、世の中がメディアに求めることも変化し続ける昨今。溢れるほどの情報が行き交う中で、読者の声やお客様の声に寄り添い、私たちも進化していかなければなりません。過去から引き継いでいく変わらない想いと、新たに変化が必要な部分を見極め、社員みんなで楽しみながらアップデートをしていく。今はちょうどその過渡期にいるのだと思っています。だからこそ、気持ちも新たに柔軟な発想や視点で進化していくチャンスだと感じています。

「任せてもらえる」ことのありがたさ
変化と刺激のある仕事

日々変化を実感でき、刺激があるところが仕事の魅力ではないでしょうか。メディアを自分たちで作り、発行している過程では様々なことを経験することができますし、新しいことや手を挙げたことを次々任せてもらえる環境のため、スピード感を持って成長することができます。そうすると、課題にもよくぶつかります。そんな時に、信頼し合える仲間と工夫して解決策を練り実行する、そんなところもやりがいであり醍醐味です。

入社して1年目のエピソードなのですが、今の自分の軸を形作ってくれた経験があって。当時とてもお世話になっていたヘアサロンのオーナーさんがいらっしゃるのですが、横浜で6店舗を経営しクリエイティブにもこだわりの強いエネルギッシュな方で。その時の自分は、営業にいっぱいいっぱいでクリエイティブ面で打ち合わせのたびに、厳しくも愛のある指摘をいただいていました。ある時、会社案内のパンフレットの制作を依頼され、これも完成までに何度も修正をして、と自分にとって今までにない経験の連続で。完成を迎えた時に「ありがとう」と握手を交わしました。今までの企画提案の価値観を変えてくれた方であり、この経験は今のものづくりの軸になっています。

媒体を作っていく上では、個人で動くものとチームで動くものとの2つの軸があります。個人力を磨くことはもちろん、チームで目標を達成できた瞬間や、チームの成長を感じる瞬間にもやりがいを感じますね。1つ課題をクリアすると「次はどんなことをしよう」とやりたいことが次々出てきます。2020年8月から新しくスタートしたインサイドセールスの立ち上げ・運営も、次のステージを見据えてアップデート中ですが、日々発見があって面白いですね。

今、成長し続けられているか
自問自答で自分の市場価値を高めていく

自身の仕事がお客様の役に立ち、それが波紋のように広がり読者や街全体、社会貢献に繋がっていく。今まではチームのレベルアップが成功に繋がるという目線でしたが、今は自分の力を磨く・価値を上げていくことが、その先の成長に直結すると感じています。メンバーに教えられるようになるためには、まず自身がそれを知らないといけない。そのためにも自分が成長し、市場価値を高めることができていないと本末転倒です。そのことから、まずは自分が成長し続けているのかを常に自問自答するようにしています。

今後挑戦していきたいのは、より多くのお客様の役に立てる商品、サービス、事業の展開です。そのために、インサイドセールス部署の拡大とカスタマーサクセス部隊の新設、WEBメディアの創刊や、テクノロジー事業部との親和性を活かす事業などにチャレンジしていけたら、と思っています。
目的を達成するために、仕組みを整えメンバーが働きやすい環境を作り、より質の高い仕事をお客様に提供できるように、より多くの人に求められるサービスを展開していきたいです。
社会のニーズに合わせて、進化し続けたい。そのために、自分の意思でやりたいことを見出し、目標を責任と思える、成長を楽しめる人、バイタリティーあふれる人と仕事をしてみたいですね。一緒にサクセスホルダーズをより素敵な会社にしていきましょう!